MENU

外郎売り

滑舌をよくするためによく使われる歌舞伎十八番、外郎売り(ういろううり)をなるべく読みやすくまとめました。

はるか

私はゲーム実況配信もしているので少しでも滑舌よくしゃべれるように、練習しています

  • カーソルキーの上下でスクロールできます。
    • (タイマー使用時、最終行で更にカーソルを下に入れるとタイマーが停止します)
  • ルビのOn/Offができます
  • 暗記用に各行の3文字のみ表示できます(ルビは表示されません)
  • 朗読にかかった時間を計測できます。読み始めにタイマー開始ボタンを押してください

フォントサイズ: 16px

拙者せっしゃ親方おやかたもうすは、 お立会いおたちあいのうちにご存知ごぞんじのおかたもござりましょうが、
お江戸おえどって二十里上方にじゅうりかみがた相州小田原一色町そうしゅうおだわらいっしきまちをおぎなされて、
青物町あおものちょうのぼりおでなさるれば、欄干橋虎屋藤右衛門らんかんばしとらやとうえもんただいま剃髪ていはついたして 円斉えんさい名乗なのりまする。
元朝がんちょうより大晦日おおつごもりまで、おれまするくすりは、むかしちんくに唐人とうじん外郎ういろうというひと
わがちょうたり。みかど参内さんだいおりから、くすりふかめおき、
もちゆるときは一粒いちりゅうずつ、かんむり隙間すきまよりだす。
よって、そのみかどより「透頂香とうちんこう」とたまわる。
すなわち、文字もんじには「いただき、く、におい」といて、「とうちんこう」ともうす。
ただいまくすりことほか世上せじょうひろまり、方々ほうぼう偽看板にせかんばんいだし、
イヤ、小田原おだわらの、灰俵はいだわらの、さんだわらの、炭俵すみだわらのと色々いろいろもうせども、
平仮名ひらがなって「ういろう」としるせしは、親方おやかた円斉えんさいばかり。
もしやお立会いたちあいのうちに、熱海あたみとうさわ湯治とうじにおでなさるるか、
または伊勢御参宮いせごさんぐうおりからは、かなら門違かどちがいなされまするな。
のぼりならばみぎかたお下くだりなれば左側ひだりがわ八方はっぽうやっむねおもてむね玉堂造ぎょくどうづく
破風はふにはきくきりとう御紋ごもん御赦免ごしゃめんあって、系図けいずただしきくすりでござる。
イヤ、最前さいぜんより家名かめい自慢じまんばかりもうしても、ご存知ごぞんじないかたには正身しょうしん胡椒こしょう丸呑まるの
白河夜船しらかわよふね、さらば一粒いちりゅうべかけて、その気見合きみあいをおにかけましょう。
まず、このくすりをかようにしたうえにのせまして、腹内ふくないおさめますると、
イヤ、どうもえぬは、しんはいかんがすこやかになりて、薫風くんぷうのんどよりたり、
口中こうちゅう微涼びりょうしょうずるがごとし。魚鳥ぎょちょうきのこ麺類めんるいわせ、そのほか
万病まんびょう速効そっこうあることかみのごとし。
さて、このくすり第一だいいち奇妙きみょうにはしたのまわることが銭独楽ぜにごまがはだしでげる。
ひょっとしたがまわりすと、たてもたまらぬじゃ。

そりゃそりゃ、そらそりゃ、まわってきたわ、まわってくるわ、
アワヤのんど、サタラナぜつに、カ歯音しおん、ハマのふたつはくちびる軽重けいちょう
開合かいごうさわやかに、あかさたなはまやらわ、おこそとのほもよろを、
ひとつへぎへぎに、へぎほしはじかみ、盆豆ぼんまめぼんごめぼんごぼう
つみたでつみまめつみ山椒さんしょう書写山しょしゃざん社僧正しゃそうじょう
粉米こごめ生噛みなまがみ粉米こごめ生噛みなまがみ、こん粉米こごめのこ生噛みなまがみ
繻子しゅす緋繻子ひじゅず繻子しゅす繻珍しゅっちんおや嘉兵衛かへい嘉兵衛かへい
おや嘉兵衛かへい 嘉兵衛かへい嘉兵衛かへい おや嘉兵衛かへい、ふるくり古切口ふるきりぐち
雨合羽あまがっぱか、番合羽ばんがっぱか、貴様きさまのきゃはんは皮脚絆かわぎゃはんらがきゃはんも皮脚絆かわぎゃはん
しっかわばかまのしっぽころびを、三針みはりはりなかにちょっとうて、
ぬうてちょっとぶんだせ、かわら撫子なでしこ野石竹のぜきちく
のら如来にょらい、のら如来にょらいのら如来にょらいのら如来にょらい
一寸先ちょっとさきのお小仏こぼとけにおけつまづきゃるな、細溝ほそどぶにどじょにょろり。
きょう生鱈なまだら奈良ならなま学鰹まながつお、ちょっと四五貫目しごかんめ
茶立ちゃたちょ、茶立ちゃたちょ、ちゃっとちょ茶立ちゃたちょ、
青竹茶筅あおたけちゃせんでおちゃちゃっとちゃ。
るは、るは、なにる、高野こうややまのおこけら小僧こぞう
たぬき百匹ひゃっぴき、 はし百膳ひゃくぜん、 天目てんもく百杯ひゃっぱい、 ぼう八百本はっぴゃっぽん
武具ぶぐ馬具ばぐ武具ぶぐ馬具ばぐ武具ぶぐ馬具ばぐわせて武具ぶぐ馬具ばぐ武具ぶぐ馬具ばぐ
きくくりきくくり菊栗きくくりわせてきくくり菊栗きくくり
むぎ、ごみ、むぎ、ごみ、むぎごみ、わせてむぎ、ごみ、むぎごみ。
あの長押なげし長薙刀ながなぎなたは、長薙刀ながなぎなたぞ。
こうの胡麻殻ごまがらは、胡麻殻ごまがらか、真胡麻殻まごまがらか、あれこそほんの真胡麻殻まごまがら

がらぴい、がらぴい風車かざぐるま、おきゃがれこぼし、おきゃがれ小法師こぼうし
ゆんべもこぼしてまたこぼした。
たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、ちりから、ったっぽ、たっぽたっぽ一丁いっちょうだこ、
ちたらお、てもいてもわれぬものは、
五徳ごとく鉄球てっきゅう、かな熊童子くまどうじに、石熊いしくま石持いしもち虎熊とらくまとらきす、
なかにも、東寺とうじ羅生門らしょうもんには、茨木童子いばらきどうじがうで栗五合くりごんごうつかんでおむしゃる、
かの頼光らいこう膝元ひざもとらず。
ふな、きんかん、椎茸しいたけさだめて後段ごだんな、そばり、そうめん、うどんか、愚鈍ぐどん小新発地こしんぽち
小棚こだなの、小下こしたの、小桶こおけに、こ味噌みそが、こるぞ、小杓子こしゃくし、こって、こすくって、こよこせ、
おっと合点がてんだ、心得こころえたんぼの川崎かわさき神奈川かながわ保土ヶ谷ほどがや戸塚とつかは、
はしってけば、やいとをりむく、三里さんりばかりか、藤沢ふじさわ平塚ひらつか大磯おおいそがしや、
小磯こいそ宿しゅくななきして、早天そうてん早々そうそう相州小田原そうしゅうおだわらとうちんこう、
かくれござらぬ貴賤群集きせんぐんじゅの、はなのお江戸えどはなういろう、
あれあのはなておこころをおやわらぎやという。
産子うぶこいたるまで、この外郎ういろう後評判ごひょうばん御存知ごぞんじないとはもうされまいまいつぶり、
角出つのだせ、棒出ぼうだせ、ぼうぼうまゆに、うすきね、すりばち、ばちばちぐゎらぐゎらぐゎらと、
羽目はめをはずして今日こんにちでのいずれもさまに、げねばならぬ、らねばならぬと、
いきせいっぱり、東方世界とうほうせかいくすり元締もとじめ薬師如来やくしにょらい照覧しょうらんあれと、ホホうやまって、
ういろうは、いらっしゃりませぬか。
99分99秒
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

永遠の74歳(自称)のばーちゃるおばあちゃんです。ガジェット大好き、twitchでゲーム実況配信もしています。

目次